ANA 国際線航空券温泉宿予約 高級ホテル・旅館 プレミアム

2006年08月10日

<英テロ未遂>米国行き航空機10機の同時爆破狙う?

飛行機爆破未遂!?怖い!!まだまだテロの警戒は厳重にしなければいけないみたいですね。
旅行好きとしては、テロの脅威なく遊びに行きたいものです。

イギリスといえば紅茶!旅行に行ったときロンドンのFortnum & Mason(フォトナム&メイソン)本店で、アフタヌーンティをいただいて、紅茶をたくさん買ってきました。ここの紅茶はとても美味しいです♪日本橋三越でお店と喫茶店もありますね。今度ここでお茶したいな。


以下参照記事

<英テロ未遂>米国行き航空機10機の同時爆破狙う?

 【ロンドン小松浩】英警察当局は10日、英国発米国行きの複数の航空機の同時爆破を狙い「想像を絶する規模の大量殺りく」を意図した大規模テロ計画をロンドンなどで阻止し、容疑者21人を逮捕したと発表した。英政府は5段階のテロ警戒度を最高度の「危機的」に引き上げ、厳重な警戒態勢を敷いた。英国の各空港では安全確認のため離発着が一時禁止されるなど大混乱となり、欧米を中心に世界各国に影響が広がった。

 警察当局は航空機約10機が標的だったとの見方を示した。英メディアは機内に液体爆弾を持ち込んで飛行中の航空機を爆破する計画だった可能性が大きいと伝えた。

 容疑者グループのうち主犯格は英国生まれとされるが、背後関係など詳しいことは明らかになっていない。BBC放送はパキスタン系英国人も含まれていると報じた。AP通信によると、米政府のテロ対策高官は爆発物を持った容疑者が搭乗間際だったと語ったという。

 ロンドンでは昨年7月、パキスタン系英国人らが地下鉄・バスを同時爆破する自爆テロが発生した。その後も別のテロ計画が未然に阻止されるなど、英国ではテロ警戒が続いている。

 警察当局は今回のテロ計画に関連してロンドンやバーミンガムなどの容疑者のアジトなどで関係個所の捜索を続けている。テロ情報を受け、警察当局は数カ月前から捜査を進めていた。

 ロンドンのヒースロー空港をはじめ英国内の空港では航空機離着陸や手荷物の持ち込みを禁止する措置がとられ、欧州各国などからの英国行き便も運航を見合わせている。

(毎日新聞) - 8月10日21時30分更新
posted by ドラゴン at 22:51| Comment(1) | TrackBack(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。